-->
  • ATSUSHI

    ATSUSHI TAKAHASHI
    Dragon Ash

    1979年2月7日東京生まれ。
    1996年にダンスを始め、様々なイベントに出演。
    2001年にDragon Ashサポートメンバーとなり、2003年にDragon Ashに正式加入し、メンバーとしての活動を開始。
    2006年にソロダンサーとしても国内外の各地で活動開始。
    ファッションショーにも多数出演し、パリコレクションにも出演。
    海外では、アジア、ヨーロッパ、アメリカにてパフォーマンスを行い、ロシア文化フェスティバルのアンバサダーを努めた経験もある。
    2009年に生命力の素晴らしさ尊さを伝えていくプロジェクト「POWER of LIFE」を発起し、代表として活動開始。2011年3月11日の東日本大震災以降は、宮城県塩竈市にて野外フェスティバル「GAMA ROCK FES」を2012年に立ち上げ、毎年9月に開催している。
    今までの様々なステージで得た経験により、ジャンルや枠にとらわれない踊りと体をいかしたダイナミックな踊りを信条とし、独自なダンサーとしての道を進んでいる。

  • 大友康平

    大友康平

    1976年、東北学院大学在学中に学校の仲間とHOUND DOGを結成。
    1980年にアルバム『Welcome To The Rock'n Roll Show』、シングル『嵐の金曜日』でメジャー・デビューを飾る。
    軽快なロックンロールと重厚なバラードを武器にライブでは絶大な評価を得る。
    ‘85年シングル『ff(フォルテシモ)』が大ヒット。その後『Only Love』『Ambitious』『BRIDGE』など数多くのヒットを生み出し、アルバム『GOLD』『BRIDGE』はオリコン1位を獲得。
    またライブでも武道館15日連続公演といった記録など、日本のロック文化を常に担い続けてきた。
    2008年5月28日にソロプロジェクトを開始し、コンセプトカヴァーアルバム「J-STANDARD 70's」、「J-STANDARD BALLADS」をリリース。
    今年(4月)も、大阪・東京でHOUND DOG LIVEが行われた。
    2020年のオリンピックイヤーにデビュー40周年を迎える。
    東日本大震災以降、被災地で炊き出しやミニライブを行うなど精力的に活動し、復興支援チャリティソング『ハガネのように 花のように』の楽曲とPVを配信。
    また、数多くのドラマや映画にも出演し、役者としての評価も高い。

  • ORANGE RANGE(ACOUSTIC SET)

    ORANGE RANGE(ACOUSTIC SET)
    YAMATO(Vox) / NAOTO(Gt) / YOH(Ba) / RYO(Vox) / HIROKI(Vox)

    沖縄出身・在住の5人組ロックバンド。ジャンルにとらわれない自由かつ高い音楽性と、卓越したポピュラリティが話題となり、数々の名曲を送り出し続けている。
    2001年に結成し、2002年ミニアルバム『オレンジボール』でインディーズデビュー。2003年『キリキリマイ』でメジャーデビューを果たす。
    2010年7月27日を境に、自由な音楽を生み出すために自ら設立した音楽レーベル、SUPER ((ECHO)) LABELにて活動を開始。2012年1月からはSPEEDSTAR RECORDSと提携を開始し、2016年はバンド結成15周年を迎えたアニバーサリーイヤーを展開。これまでに培ってきた数々の縁、これから作り上げていく新たな縁をテーマに作り上げたコラボベストアルバム『縁盤』を7月にリリース。
    2018年8月29日に自らのオリジナリティとアイデンティティを突き詰めてきたORANGE RANGEの個性と個性がぶつかり合う全11曲を収録した、約3年ぶりとなる通算11枚目のオリジナルアルバム『ELEVEN PIECE』を日本と台湾で同時リリース。
    その直後の10月に、NHK「みんなのうた」に書き下ろした新曲「Family」を配信限定リリースし、同月から2019年2月まで台湾公演を含む全30公演を駆け巡る「ORANGE RANGE LIVE TOUR 018-019 ~ELEVEN PIECE~」を開催した。
    2019年に5枚目のオリジナルアルバム『PANIC FANCY』を再現するコンセプトツアー「RWD← SCREAM 019」を全国11都市12会場にて開催。

  • 大友康平

    子供SKY WALKERS

    うじきつよし

    1980年『子供ばんど』でレコードデビュー。
    以降、11枚のアルバムリリースし、全国津々浦々、日々ライブを重ね、1988年、通算2000本ライブを達成するも完ペキに燃え尽き、活動休止。
    しかしありがたいことに、映画、テレビなど別ジャンルよりお呼びがかかり、その後は、俳優、タレントとしてお茶の間に食い込む。
    2011年、四半世紀ぶりに子供ばんど再始動。『荒吐ロックフェス』に『生きる伝説枠』で初出場。
    最新作は『ロックにはまだやれることがあるんじゃないのか』
    並行して『a flood of circle』の佐々木亮介との親子デュオ『NO GENERATION GAPS』、元カルメンマキ&オズのリズム隊らと『チャッピーズ』,還暦を機に、Dr.kyonらとメンバー全員同い歳の『座•カンレッキーズ』結成。
    憂歌団の内田勘太郎氏に勝手に弟子入りした『子供団』etc.近年、オヤジ音楽熱が再燃。

    2016年『CHEAP PURPLE』の秘密メンバーとして『GAMA ROCK』に初参加。
    がっしかし、その後の2年間は、佐藤タイジが主宰する『中津川 THE SOLAR BUDOKAN』と日程がまるカブり!涙を呑んでいたが、本年晴れて念願叶う!
    カズヤとのデュオ『子供 SKY WALKERS』で再び塩釜にカムバ~ック!


    宮田和弥

    1988年デビュー、JUN SKY WALKER(S)のボーカリスト。
    1997年に解散後、ソロ活動を経て、Jet-KiのVocal宮田JETとして2009年7月まで活動。
    2008年にデビュー20周年を迎えるJUN SKY WALKER(S)を復活。
    22011年5月にはJUN SKY WALKER(S)として復興支援ツアーを行い、 2011年10月25日、26日のGolden Circle武道館公演にてJ(S)Wの完全復活を発表。
    2013年J(S)W 25th〜Anniversary〜全国TOURを開催。25周年ファイナルを2014年1月11日 日本武道館にて飾る。
    2014年これまでに3枚のソロアルバムを発表した宮田和弥4年振りのNew Album「Naughty」発売。宮田和弥ソロバンドスタイルで NaughtyTOURを開催。同時に、インディペンデントな活動のひとつとしてのアコースティック1人弾き語り ”SLOWCAMP ”ドリップコーヒーを淹れるような味わいある、ゆっくりとあたたかい音の呼吸を身近に感じられる 場所をセレクト。バンド人生だからこそ、紡ぎだされるギター一本と声だけの時間は、秀逸である。音源発表として、各会場及び自身のwebstoreのみで入手可能な音源CD[CHAPTER]を自主レーベルTOYDOM Recordsより制作。
    2019年.本作がシリーズ5作品目となる「CHAPTER5」発表。
    昨年9月、旧知のうじきとのデュオ『子供SKY WALKERS』結成。

  • the LOW-ATUS

    the LOW-ATUS

    細美武士(the HIATUS/MONOEYES/ELLEGARDEN)とTOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)によるバンド。
    2011年、3.11におきた東日本大震災以降、精力的に支援活動を続ける二人が、それぞれバンド活動と並行し被災地を中心とした弾き語りでのライブを開始。同じステージに立つことも多く、その中で自然発生的にユニット活動を開始した。

◀ Line up 一覧

出演アーティスト (50音順)